ももの国から

育児とヲタ活の両立を極める!コメントもお気軽にどうぞ。

副担

副担制度。
担当との恋に疲れた時、優しく包み込んでくれるありがたき副担制度。
担当との恋が追う恋なら、副担との恋は追われる恋。そんな、自由度の高いありがたき副担制度。


表現するのは難しいけど、"担当とは別の特別"をわりかし堂々と宣言できる副担ってものは、ジャニファン独特なものなんじゃないかな。
担当と違って、その都度ころころ変わってしまっても、それはそれでいいってところがある。
副担はいないってスタンスでもいいし、はたまた担当以外全員副担だっていい。

(副担ってのはそんな軽いもんじゃねんだよ!の意見もあるかと思います。)



いまのところ私の副担は小山慶一郎氏でございます。
(カルテット静岡公演2日目より)

慶ちゃんの、噂に聞くえげつないファンサが我が身にも降り注ぎ、パァ~っとなって、即「すきっ♥」となった単純明快な堕ち方。

担当とのリアリティー溢れる恋の駆け引きが展開される中、副担はどんなことがあっても私を好いてくれ、時にはさりげなく恋のサポートをしてくれ、時には自分のところに強引に引きよせてくれる。


とまぁ、私の脳内はおいといてー。




NEWS存続の危機の時、誰もが続けるのか解散か立ち止まり考え、そもそも自分達にやるやらないの選択権はあるのかさえもわからない時に、慶ちゃんが4人でやりたいとゆう方向で動き出さなかったら、今の形のNEWSはスタートきれなかったのかもしれない。

もしかしたら慶ちゃんが動かずとも大人たちがNEWSとゆうものそのものは残してくれたかもしれないけど、それは今の形、今のNEWS、とは違うものだったんじゃないかな。


そして、
ガチな天然さに、いつまでもそこはかとなくただようチャラ大学生ノリに、イタズラに対する寛容さに、スタイル抜群でスタイリッシュな衣装の着こなしに、ありがとう。

毎日忙しいだろうけどそれを楽しむ姿に、いつもいつもありがとう。


f:id:yumekanammk:20160813012832j:plain


がんばって~