ももの国から

育児とヲタ活の両立を極める!

偏食とひなまつり

うちの長女は食べ物のアレルギーはないものの、偏食だし少食だし、離乳食の時からずーーーっと、ほんっっとに悩んできました。
幼稚園にはいる前は、1日3回もあるご飯の時間が嫌でしょーがなかった。
一番上の子とゆうこともあり、今思うと「いやー、まぁ、なんとかなるさぁ」ってことも真面目に取り組んでて、世の中の母親像から少しでもずれると「母親失格」に思えてたんだね。

(世の中の母親像、シビアだよね)

何とか工夫をして克服させないと後々幼稚園や小学校で困るんじゃないか。
自分が小学生の時は掃除の時間まで食べてる子っていたからね。

"工夫する→食べられるようになる"
ここまでセットじゃないとダメ。

でも、ネットで調べたり自分で考えたり、工夫をしたところでそうそう食べられるもんじゃないんだよぉぉおお。
むしろ、時間をかけて丁寧に力の限り工夫をしたところでますます食べやしないの。
それで勝手にイライラして、八つ当たりして、こんなのは違うと泣いて、、それこそ世の中の母親像からはずれてて。
買ってきた惣菜の方がウケがよかったりしてね。自信なくして、やる気もなくして、、


ひなまつりの定番。ちらし寿司なんて食べるわけもなく、お吸い物だって嫌な顔。。
憎たらしいったらなかったわ。
昔はそれでも季節のもの、お祝いのものだからって作ってたけどさ。でも食べるのは大人だけ。

いつのまにか、娘が食べないんならもうやんなくていーやなんて思って、ちらし寿司から手巻き寿司に変更して数年。
彼女はたまごと蒸し海老の手巻き寿司なら食べられるから。

しかし、なぜだか今年はちょっとちらし寿司リベンジをする気になり。


f:id:yumekanammk:20170304114228j:plain

デンッッ

この瓶のちらし寿司のもと、私けっこう好きで。いや、五目寿司だけど。
こんくらいなら食べられるかなって茶碗に取り分けて残されるより、小さいカップで何個か食べれればお互いのストレスにもならないんじゃないかね?とカップちらし寿司にしました。

おぼんにちょっと春らしくウォールシールを貼ったりして


f:id:yumekanammk:20170304114709j:plain

ちょいかための2合強のごはんに瓶のやつを混ぜてカップin。


f:id:yumekanammk:20170304114542j:plain

おぼんのシール、全然見えないっつーね。

あら熱がとれるまでの間にくもんに連れていきーの。
帰ってきてから具材を乗っけて完成。


f:id:yumekanammk:20170304114622j:plain

一人一人にちらし寿司作るより簡単だった。
お吸い物も、貝の味噌汁にした。
かたくなにお吸い物にこだわんなくてもよかったんだよね。
根が日本人なもんで。しきたりに忠実。

f:id:yumekanammk:20170304115132j:plain


なまものは食べない娘のは、お肉と蒸し海老とたまごのやつ。4カップくらい食べてたし、味噌汁も飲んでた。ちらし寿司のごはんに混ざった具材が食べられるか賭けだったけど、、食べられた!

いまだに好き嫌いだらけだけど、幼稚園や小学校で給食を食べることに助けられて、少しずつ食べられる範囲が広がってきました。
牛乳を一切飲めなかったのに、小学校では牛乳は毎日のことだからね。チャレンジして少しずつ飲めるようになって、約一年たった今では「○○さんが牛乳を毎日頑張っているのをみんな見てきたから、他の子も苦手な食べものにチャレンジして克服できる子もでてきたんですよー」なんて先生に言われたりして。
ほんと嬉しかったな。

小さいけど、、なまものは乗ってないけど、、ちらし寿司を食べてるとこを見て、成長を感じました。

ありがたや。

息子にはまだなまものはあげてないから娘と同じやつをあげたのだけど、躊躇なくバクバク食べててたくましさを感じました(笑)
姉さんそこまで食べられるようになるまで7年かかったんですけどっ。